13大会連続世界一と62連勝を記録した吉田沙保里選手

ストラスコナカウンティ(カナダ)で開催されたレスリング女子の世界選手権第2日で、55キロ級に出場した吉田沙保里(29)が、4試合すべてでフォール勝ちし、レスリング史上初の世界選手権10連覇を達成。五輪で達成した3連覇とあわせて、男女を通じて史上最多となる13大会連続世界一の偉業を成し遂げた。更に五輪と世界選手権をあわせた連勝記録を、男女を通じて史上最多となる62連勝とした(9/28)。

> 続きを読む

世界体操東京2011 結果

体操の第43回世界選手権が、東京で10月7日から16日まで開催され、日本勢は、金2、銀1、銅4の計7個のメダルを獲得(10/16)。

> 続きを読む