平成生まれ初のセ・リーグ新人王の野村祐輔投手

明治大学からドラフト1位でカープに入団した野村祐輔(広島 23歳)が、12年のセ・リーグ新人王(最優秀新人)に選出された。今季の成績は27試合、9勝11敗、防御率1.98で、規定投球回に到達し防御率1点台のセの同賞受賞は、66年に防御率1.39をマークした堀内恒夫(巨人OB 64歳)以来46年ぶり。広島からの同賞受賞は06年の梵英心(32)以来6年ぶりで、通算8人目(11/20)。

> 続きを読む