石櫃洋祐選手が右足首の怪我のため手術を受けた2013

怪我をしている右足首の治療のため、DF石櫃洋祐(名古屋 29歳)が、3月5日(火)に豊田市内の病院で手術を受けた。怪我の内容は「右足関節三角骨障害」で、手術内容は「三角骨切除術」と発表されている。全治までは約3週間ほどかかる模様。

> 続きを読む

ジョシュア・ケネディ選手の怪我(2012.11.12)

慢性的な腰痛に苦しんできたFWジョシュア・ケネディ(名古屋 30歳)が、10月24日に川崎市の帝京大付属溝口病院で、多くのスポーツ選手の腰の治療実績がある出沢明医師の診察を受けた。検査の結果、椎間板障害と診断され、11月12日に同病院で椎間板形成手術を受ける予定。全治6週間で、リーグ戦の残り4試合への出場は厳しいが、チームが天皇杯で勝ち進んだ場合、年末に復帰できる可能性がある。

> 続きを読む

ダニルソン選手と磯村亮太選手の怪我(2012.7)

〓 ナビスコ杯準々決勝清水戦(25日)で左足を負傷したMFダニルソン・コルドバ(名古屋 25歳)が、豊田市内の病院で検査を受けた結果、「左膝軟骨損傷および左大腿骨骨挫傷」で全治3週間と診断された。

> 続きを読む

玉田圭司選手の怪我(2012.6)

10年12月に手術を受けた古傷の左足首の状態が、5月29日のACLのアデレード戦で悪化し、約1ヶ月間戦線離脱していたFW玉田圭司(名古屋 32歳)が、状況の改善が見られないため、左足首の手術に踏み切ることになった。関節内遊離体の摘出と骨棘(こっきょく)の切除の手術を6月27日に名古屋市内の病院で受ける。全治は約2ヶ月。

> 続きを読む