都道府県別メダル獲得数ランキング/リオ五輪

逆境で力を発揮した日本選手団。体操個人総合決勝の内村航平、テニス準々決勝の錦織圭、女子レスリング決勝の3連続逆転勝ち、バドミントン女子ダブルス決勝のタカマツペアなど。

獲得メダル数で過去最高の41個(金12銀8銅21)を記録したリオ五輪。日本の国別獲得メダル数を都道府県別に分けた場合、1位に輝くのはどの都道府県になるのでしょうか?




合計メダル数第1位は大阪府


メダルを獲得した選手を出生地別に分けて、都道府県別メダル獲得数ランキングを作成しました。メダルを獲得した都道府県は27、メダルなしは20。
  • 金1位(2個)・・・富山県、福岡県
  • 銀1位(2個)・・・静岡県
  • 銅1位(4個)・・・埼玉県、大阪府
富山県の金メダル2個は登坂絵莉と田知本遥。福岡県の金メダル2個は内村航平×2。大阪府の銀メダル1個は樋口黎、銅メダル4個は吉田胡桃、丸茂圭衣、中牧佳南、林愛子(シンクロチーム)。

長野県は前回ロンドン五輪まで夏季五輪では1個もメダルを獲得したことがなかったが、リオ五輪で3個のメダルを獲得した。残るメダル獲得数0個は福井県と沖縄県。

1位5個大阪府(014)
2位4個栃木県(112)埼玉県(004)東京都(103)静岡県(022)福岡県211)
3位3個神奈川県(102)石川県(102)長野県(003)愛知県(102)滋賀県(012)
4位2個北海道(011)青森県(110)茨城県(110)富山県200)三重県(110)広島県(110)山口県(110)宮崎県(002)
5位1個宮城県(001)山梨県(001)兵庫県(001)奈良県(100)和歌山県(100)島根県(001)徳島県(100)長崎県(001)ジャマイカ(010)
6位0個岩手県、秋田県、山形県、福島県、群馬県、千葉県、新潟県、福井県、岐阜県、京都府、鳥取県、岡山県、香川県、愛媛県、高知県、佐賀県、熊本県、大分県、鹿児島県、沖縄県

*都道府県名の右に記載の数字は、金銀銅のそれぞれの獲得メダル数です。
*団体で獲得したメダルは人数分計上しています。合計65個金17銀13銅35。体操男子団体、バドミントン女子ダブルス、陸上男子4×100mリレー、卓球男子団体、競泳男子4×200mリレー、シンクロチーム、シンクロデュエット、卓球女子団体。
*ケンブリッジ飛鳥のみ出生地が国外(ジャマイカ)です。
*出生地の確認はJOC公式サイトです。
リオ五輪メダリスト・入賞者一覧|JOC

前回ロンドン五輪の都道府県別メダル獲得数第1位も大阪府でした。
都道府県別メダル獲得数ランキング/ロンドン五輪|スポーツって気分
リオ五輪の感動がよみがえる、NHKリオ五輪テーマソング。
Hero(安室奈美恵)|Amazon

【1912年ストックホルム大会から2012年ロンドン大会まで】
*個人種目のみ。テニスとバドミントンのダブルスとシンクロのデュエットは含む。

メダリストの出生地一覧表


初期の並び順はJOCに記載の並び順になっています。表上部の出生地をクリックしていただきますと、出生地順に並び替わります。年齢順、身長順に並び替えることも出来ます。初期の並び順に戻したいときは、表上部の↑↓をクリックしてください。

大野将平(山口県 24歳)と石川佳純(福岡県 23歳)は出生地が違いますが、幼稚園が同じだったらしいです。

↑↓メダル名前出生地年齢身長競技
01萩野公介09 栃木県21歳177cm競泳
02金藤理絵34 広島県27歳175cm競泳
03内村航平40 福岡県27歳162cm体操
04加藤凌平23 愛知県22歳163cm体操
05山室光史08 茨城県27歳159cm体操
06田中佑典30 和歌山26歳166cm体操
07白井健三14 神奈川19歳163cm体操
08内村航平40 福岡県27歳162cm体操
09登坂絵莉16 富山県22歳152cmレスリング
10伊調馨02 青森県32歳166cmレスリング
11川井梨紗子17 石川県21歳160cmレスリング
12土性沙羅24 三重県21歳159cmレスリング
13大野将平35 山口県24歳170cm柔道
14ベイカー茉秋13 東京都21歳178cm柔道
15田知本遥16 富山県26歳168cm柔道
16髙橋礼華29 奈良県26歳165cmバドミントン
17松友美佐紀36 徳島県24歳159cmバドミントン
18山縣亮太34 広島県24歳176cm陸上
19飯塚翔太22 静岡県25歳185cm陸上
20桐生祥秀25 滋賀県20歳175cm陸上
21ケンブリッジ
飛鳥
50 ジャマイカ23歳179cm陸上
22坂井聖人40 福岡県21歳181cm競泳
23萩野公介09 栃木県21歳177cm競泳
24樋口黎27 大阪府20歳163cmレスリング
25太田忍02 青森県22歳165cmレスリング
26吉田沙保里24 三重県33歳157cmレスリング
27水谷隼22 静岡県27歳172cm卓球
28丹羽孝希01 北海道21歳162cm卓球
29吉村真晴08 茨城県23歳177cm卓球
30原沢久喜35 山口県24歳191cm柔道
31荒井広宙20 長野県28歳180cm陸上
32瀬戸大也11 埼玉県22歳174cm競泳
33萩野公介09 栃木県21歳177cm競泳
34江原騎士19 山梨県23歳172cm競泳
35小堀勇氣17 石川県22歳183cm競泳
36松田丈志45 宮崎県32歳184cm競泳
37星奈津美11 埼玉県25歳164cm競泳
38乾友紀子25 滋賀県25歳170cmシンクロ
39三井梨紗子13 東京都22歳168cmシンクロ
40吉田胡桃27 大阪府24歳167cmシンクロ
41箱山愛香20 長野県25歳176cmシンクロ
42中村麻衣28 兵庫県27歳163cmシンクロ
43丸茂圭衣27 大阪府24歳162cmシンクロ
44中牧佳南27 大阪府24歳169cmシンクロ
45小俣夏乃14 神奈川20歳160cmシンクロ
46林愛子27 大阪府22歳166cmシンクロ
47乾友紀子25 滋賀県25歳170cmシンクロ
48三井梨紗子13 東京都22歳168cmシンクロ
49錦織圭32 島根県26歳178cmテニス
50白井健三14 神奈川19歳163cm体操
51三宅宏実11 埼玉県30歳147cm重量挙げ
52水谷隼22 静岡県27歳172cm卓球
53福原愛04 宮城県27歳156cm卓球
54石川佳純40 福岡県23歳158cm卓球
55伊藤美誠22 静岡県15歳150cm卓球
56髙藤直寿11 埼玉県23歳160cm柔道
57海老沼匡09 栃木県26歳170cm柔道
58永瀬貴規42 長崎県22歳181cm柔道
59羽賀龍之介45 宮崎県25歳186cm柔道
60近藤亜美23 愛知県21歳156cm柔道
61中村美里13 東京都27歳157cm柔道
62松本薫17 石川県28歳163cm柔道
63山部佳苗01 北海道25歳172cm柔道
64奥原希望20 長野県21歳156cmバドミントン
65羽根田卓也23 愛知県29歳175cmカヌー

*年齢は2016年8月5日時点。

年齢順に並べ替えると・・・
  • 最年少メダリスト・・・15歳の伊藤美誠(卓球)
  • 最年長メダリスト・・・33歳の吉田沙保里(レスリング)
身長順に並べ替えると・・・
  • 低身長メダリスト・・・147cmの三宅宏実(重量挙げ)
  • 高身長メダリスト・・・191cmの原沢久喜(柔道)
前回大会もメダル獲得数第1位は大阪府でした。
都道府県別メダル獲得数ランキング/ロンドン五輪|スポーツって気分

"夏は大阪、冬は北海道"

以上、いかがだったでしょうか。次回は2020年東京オリンピックです。でもその前に2018年に平昌冬季オリンピックがありますよ。
平昌オリンピックの日本のメダル予想は7個|スポーツって気分
この記事へのコメント