室屋成、奈良竜樹、岩波拓也らリオ五輪サッカーDF陣に怪我人続出

手倉森監督率いるサッカーU-23は「AFC U-23選手権 カタール 2016」で優勝し、見事リオデジャネイロ五輪の出場権を獲得した。

が、その「AFC U-23選手権 カタール 2016」の招集メンバーのDF陣(8人)に故障者が相次いでいるので、まとめてみた。

故障者の状況


室屋成16.2.11左足ジョーンズ骨折/全治約3か月
松原健16.3.10右膝外側半月板損傷/全治約3ヶ月
山中亮輔16.5.11右大腿二頭筋肉離れ/全治約3週間
奈良竜樹16.5.14左脛骨骨折/全治約4ヶ月
亀川諒史16.5.21右足第三中足骨骨挫傷/全治不明
岩波拓也16.5.21左膝内側側副靭帯損傷/全治約6週間
植田直通○
(なし)
三竿健斗
(なし)
*並びは日付順。
下線はリオ五輪出場が絶望的。
*名前をクリックすると所属チーム発表の怪我の報告ページが開きます。
*【追記】 ○印のある選手がリオ五輪代表に選出されました。
この記事へのコメント