男子ゴルフ賞金シード権2016

新しく生まれ変わった賞金シードは、2016年が採用2年目。2014年までの賞金シードからの主な変更点は2点。
  • (1)賞金シード獲得者が70名から75名へと増加。
  • (2)賞金シードが「1位~60位(第1シード)」と「61位~75位(第2シード)」の2つのグループに分けられた。
▽ もっと詳しく
男子ゴルフツアーの賞金シード枠が2段階に変更へ|スポーツって気分

2016年の賞金シード権は、出場義務試合数を満たしていない梁津萬(25位)、松山英樹(59位)、王情訓(69位)を除いた賞金ランキング78位までの75選手が獲得しました(第1シード62位まで、第2シード78位まで)(順位はカシオワールドオープン後の順位)。

石川遼の出場試合数6、梁津萬の出場試合数8(カシオワールドオープン終了時点の試合数)で、石川遼が出場義務試合数未満として扱われないのは「欧米ツアーメンバーの出場義務試合数は5試合」だから。
国内男子ツアー規定改正|GDO

*次週開催の最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」は一部の選手のみしか出場できない(今季優勝者・賞金ランク20位以内など)ので、最終戦後に賞金シード獲得者の顔ぶれが変わることはない。


JGTO賞金シード権75名(ランク78位まで)



継続62名|昨年比+8

金庚泰(1)  宮里優作(2)  池田勇太(3)  藤本佳則(4)
片山晋呉(5)  石川遼(6)  谷原秀人(7)  黄重坤(8)
小平智(9)  小田孔明(10)  松村道央(11)  I・J・ジャン(12)
李京勲(13)  岩田寛(14)  宋永漢(15)  金亨成(16)
A・ブランド(17)  片岡大育(18)  武藤俊憲(19)  P・マークセン(20)
B・ケネディ(21)  永野竜太郎(22)  手嶋多一(23)  宮本勝昌(25)
H・W・リュー(26)  近藤共弘(28)  稲森佑貴(29)  M・ヘンドリー(30)
藤田寛之(31)  高山忠洋(32)  朴相賢(33)  山下和宏(34)
小田龍一(36)  張棟圭(37)  趙珉珪(38)  T・クロンパ(39)
J・B・パク(40)  竹谷佳孝(43)  呉阿順(44)  崔虎星(45)
重永亜斗夢(46)  谷口徹(47)  市原弘大(48)  B・ジョーンズ(49)
李尚熹(50)  S・ストレンジ(51)  薗田峻輔(52)  貞方章男(53)
冨山聡(54)  D・オー(55)  塚田陽亮(56)  K・バーンズ(58)
S・K・ホ(60)  深堀圭一郎(65)  星野英正(66)  K・T・ゴン(67)
平本穏(71)  J・パグンサン(72)  増田伸洋(73)  河井博大(76)
正岡竜二(77)  S・H・キム(78)  
  


初獲得9名|昨年比-3

今平周吾(24)  W・J・リー(35)  堀川未来夢(41)  小池一平(57)
A・キュー(62)  小林伸太郎(63)  M・グリフィン(68)  富村真治(74)
文景俊(75)  
  
  


復帰4名|昨年比-5

川村昌弘(42)  額賀辰徳(61)  矢野東(64)  横田真一(70)


喪失13名|昨年比-3

梁津萬(27)  D・スメイル(80)  塚田好宣(81)  丸山大輔(84)
室田淳(85)  上井邦裕(98)  塩見好輝(103)  K・アフィバーンラト(120)
今野康晴(123)  金亨泰(140)  S・コンラン(153)  I・H・ホ(・・・)
H・リー(・・・)  
  
  

下線は第2シード(63位~78位)の選手。
赤線の2選手は、ファイナルQTで16年レギュラーツアーの9月末頃までのほぼフル参戦権を勝ち取った。
男子ゴルフ最終予選会(ファイナルQT)結果2015|スポーツって気分
*賞金シード継続選手の中では、手嶋多一の20年連続が最長。
*賞金シード初獲得者の今平周吾は、14年のチャレンジトーナメントの賞金王。
*賞金シード初獲得者の堀川未来夢は、15年のネスレ日本マッチプレー選手権で石川遼を下している。
*賞金シード喪失者の梁津萬は、15年ツアー優勝により17年までの複数年シードあり。
*賞金シード喪失者の室田淳は、生涯獲得賞金25位以内の資格を持っている(本人が選択する1年間利用可)。
室田淳と平塚哲二 生涯獲得賞金の資格を適用へ|GDO
*賞金シード喪失者のI・H・ホは、15年と16年の2年間兵役。
I・H・ホが兵役に。初優勝で得たシード権を1年延長|JGTO
*賞金シード喪失者のH・リーは、「特別保障制度(公傷)」適応者。
*カッコ内の数字はカシオワールドオープン終了時のランキングの順位。
⇒ シーズン終了後のランキングに変更しました。

賞金ランキング(海外メジャー含む)2015|JGTO

■ アンケート結果

たくさんの投票ありがとうございました。アンケートは締め切りました。結果は以下のリンク先でご覧いただけます。

第1位 今平周吾
初シード組で、16年に最も活躍を期待するのは?

第1位 上井邦裕
シード喪失組の中で、1年で賞金シードにカムバックしそうなのは?(賞金シード以外のシード保持者は除く|梁津萬、室田淳、I・H・ホ)


カシオワールドオープン後に入れ替わった選手


■ 圏内滑り込み
79 → 76 河井博大
81 → 78 S・H・キム

■ 圏外弾き出され
75 → 79 S・H・ペク
77 → 80 D・スメイル

*カシオワールドオープン開催前の賞金シードのボーダーラインは78位。


賞金シードを逃した選手を一部ピックアップ


小林正則(83)  宮里聖志(93)  久保谷健一(95)  浅地洋佑(101)
香妻陣一朗(110)  平塚哲二(115)  横尾要(117)  上平栄道(119)
古田幸希(127)  諸藤将次(208)  
  

*小林正則と久保谷健一はそれぞれ、18年と17年までの公式戦(メジャー)優勝による複数年シードを保持している。
*平塚哲二は、生涯獲得賞金25位以内の資格を持っている(本人が選択する1年間利用可)。

▼ 前年と翌年と同年の女子の記事
男子ゴルフ賞金シード権2015
男子ゴルフ賞金シード権2017
女子ゴルフ賞金シード権2016
この記事へのコメント