バレンティン外野手の復帰時期は早くてもオールスター明けか!?

左アキレス腱手術からの復帰戦となった巨人戦で、再び怪我をしたヤクルトのウラディミール・バレンティン(30)。球団との協議の結果、故障個所を手術することになった。

■ 左アキレス腱手術
14年10月1日に米国の病院にて、左アキレス腱の手術を受ける。

■ 再び故障
左アキレス腱手術からの復帰初戦となった巨人戦(15/4/24)で再び故障。5回の守備で左太ももを痛めて途中交代。

■ 診断結果
翌25日に「左大腿直筋肉離れ」で全治4~6週間と診断される。

■ 左大腿直筋肉離れの手術
国内で治療を続けていたが、本人の意向により米国でのセカンドオピニオンを受けるため、5月13日に渡米。現地での検査を経て、16日に左大腿直筋肉離れの手術を受けた。

■ 復帰時期
復帰時期は定かではないが、真中監督が「2ヶ月くらいは最低でもかかると思う」とコメントしている。早くてもオールスター明けか!?
この記事へのコメント