ブラッド・エルドレッド内野手の怪我の経過報告2015

本塁打37・打点104と、カープの4番として昨季大活躍したブラッド・エルドレッド(34)の怪我の状態が思わしくないようなので、進捗状況をお伝えします。

■ 2月26日
キャンプ中に行われた韓国KIAとの練習試合で、一塁ベースを駆け抜けた際に右膝を負傷。沖縄市内の病院で「右膝内側半月板損傷」で「1週間の加療が必要」と診断される。

■ 3月4日
広島大学病院で再検査を受けるが、状況に変化がなかった。

■ 3月6日
1軍への帯同を取り止め、3軍でリハビリに専念することに。ランニングは可能な状態

■ 3月9日
右膝の検査のため、米国への一時帰国が決定。手術を受ける可能性もあるため、再来日の時期は未定。

■ 3月16日 ~ついに手術をすることに
アメリカの病院で右膝の「内側半月板部分切除」の手術を受けた。復帰時期と今後の予定は未定だが、夏まではかからない見込み

■ 4月8日
10日に再来日することが発表された。再来日後は3軍でリハビリやトレーニングを行い、6月頃の復帰を目指す。

■ 5月1日
4月30日に2軍の全体練習に合流。1、2週間のうちに実戦復帰の見通しで、1軍復帰は5月26日から始まる交流戦初戦を予定している

▽ 関連情報|ロサリオ編
2月8日に「急性虫垂炎」と診断されたロサリオ(26)が、25日に手術を受けた。術後1週間でリハビリを開始予定。

▽ 関連情報|グスマン編
左脇腹痛のヘスス・グスマン(30)が、5月1日のウエスタン・阪神戦(由宇)で実戦復帰。早ければ4日からの巨人戦(マツダ)で、1軍昇格する可能性あり

【2016年はこちら↓】 *膝ではなく足の裏が痛いようです。

【2016年をもう一つ↓】 *2~3週間なら軽傷かな。

この記事へのコメント