男子ゴルフ最終予選会(ファイナルQT)結果2014

順延とプレーオフの日没サスペンデッドによって11日まで日程が延びた今年のファイナルQT(ファイナルクォリファイングトーナメント)。35位の富村真治までが来年の前半戦(リランキングまで)の出場権を手に入れた。上位は韓国勢が独占した。

今年まではQT上位90名が1つのグループとしてくくられていたが、来季からはQT1~35位とQT36~90位と2つのグループに分けられる。2つのグループの間には今年の賞金ランキング79~100位の選手が入るため、QT36~90位の選手の来季ツアー参戦への道は険しい。

ただし、QT36位以下の選手には来季チャレンジツアーへの出場権が与えられる。

2013年QTランキング別の14年レギュラーツアー出場実績

QT  1位 17試合/21試合中
QT10位 13試合
QT20位 11試合
QT30位   9試合
QT35位   8試合

*ファイナルQT|COCOPA RESORT CLUB 白山ヴィレッジゴルフコース(三重県) 12/4~11 6ラウンド108ホール 参加人数196人 予選通過97人
*最終予選会とは:
シード権を持たない選手が来季ツアーの出場優先順位を争う大会。


ファイナルQT最終日順位(最終結果)|参加人数97名


  1位 -22 Chan Kim
  2位 -22 權成烈
  3位 -22 黄仁春
  4位 -19 Y・E・ヤン
  5位 -17 桑原克典
  6位 -17 W・J・リー
  7位 -17 小林伸太郎
  8位 -16 T・オー
  9位 -16 M・ガイヤット
10位 -16 白石大祐
11位 -16 M・グリフィン
12位 -15 竹安俊也
13位 -15 堀川未来夢
14位 -14 香妻陣一朗
15位 -14 S・H・ペク
16位 -14 金度勲
17位 -14 朴一丸
18位 -14 小池一平
19位 -14 横田真一
20位 -13 鍋谷太一
  21位 -13 文景俊
22位 -13 山岡成稔
23位 -13 佐藤達也
24位 -13 古田幸希
25位 -13 姜志満
26位 -12 N.Tantipokhakul
27位 -12 広田悟
28位 -12 矢野東
29位 -12 李基相
30位 -11 邊辰哉
31位 -11 Angelo Que
32位 -11 大川詩穏
33位 -11 近藤啓介
34位 -11 石渡和輝
35位 -11 富村真治
36位 -11 細川和彦
37位 -11 Park Bae Jong
38位 -11 太田直己
39位 -11 洪淳祥
40位 -11 小西貴紀
      - 以下抜粋 -
49位  -9 白佳和
50位  -9 金聖潤
58位  -7 井上信
60位  -7 横尾要
63位  -7 Jay Choi
85位  -3 浅地洋佑
88位  -2 河野祐輝
92位 ±0 上平栄道
96位 +8 額賀辰徳

下線の選手は今年賞金シードを喪失した選手(9名)。
点線の選手はファーストQTから勝ち上がってきた選手(5名)。全員が大学4年生。
*11アンダーで並んだ11人の順位は、サドンデス・プレーオフによって決定された(今年から採用された順位決定方式)。その他の順位は、(1)決勝ラウンドの合計スコア(2)最終日のスコア、の順によって決定されている(推測)。

▼ 全選手の結果はこちら。
ファイナルQT 最終日成績表|JGTO(日本語)
Final QT Final Round Result|JGTO(English)

QTホームページ|JGTO
クォリファイング記事14年12月|JGTO
2014年度 クォリファイングトーナメント最終順位≪ランキング順≫|JGTO

ファイナルQT予選敗退の主な選手


中島マサオ(115)   野仲茂(140)  五十嵐雄二(150)  小山内護(158)

*野仲茂は今年賞金シードを失い、五十嵐雄二は複数年シードを失った。

▼ 前年と翌年と同年の女子の記事
男子ゴルフ最終予選会(ファイナルQT)結果2013
男子ゴルフ最終予選会(ファイナルQT)結果2015
女子ゴルフ最終予選会(ファイナルQT)結果2014
この記事へのコメント