會澤翼(会沢翼)捕手とブライアン・バリントン投手の怪我2014

首位巨人を猛追している最中、主力の2選手に故障が発生した。

會澤翼


ナゴヤドームで行われた中日戦(8/31)に先発出場した会沢翼(広島 26歳)が、3回にヒット放ち1塁を回った際に、右太もも裏を痛め途中交代した。

2日の広島市内の病院での診察で「右大腿二頭筋損傷(程度は比較的軽い)」で、全治1~2週間と診断された。試合出場までは1ヶ月ほどかかる見込みで、今季終盤またはCSでの復帰を目指す。

*61試合 打率.314 9本塁打 26打点

ブライアン・バリントン


同日の試合に先発登板したブライアン・バリントン(広島 33歳)は、5回にルナに3ランを浴びた直後に右肘に違和感を訴えて降板した。

2日に広島市内の病院で「右尺骨神経炎(骨が変形して神経を圧迫している状態)」と診断され、今季中の復帰が絶望となった。今後は2週間のノースローを経てリハビリを開始する予定。

*23試合 9勝8敗 防御率4.58

2人に代わって1軍に昇格したのは、倉義和と九里亜蓮。
この記事へのコメント