右手薬指中節骨基部骨折の怪我をした堂林翔太内野手2014

最近6試合で5度のマルチヒットと状態が上向きだった堂林翔太(広島 22歳)が、5月8日のヤクルト戦(神宮)の9回の最終打席で右前打を放ったが、バットの先端だったために右手を痛めた。

9日に広島に戻って病院で検査を受けた結果、「右手薬指中節骨基部骨折」で4週間の固定が必要で、練習再開までは6~7週間かかるとの診断を受けた。

*6週間後=6月19日、7週間後=6月26日
*今季成績|28試合 打率.255 4本塁打 15打点
*堂林に代わり鈴木誠也(19)が出場選手登録された。

ファンの皆さんへ|堂林翔太オフィシャルブログ「翔」
堂林翔太内野手の怪我が再検査で「打撲→骨折」2013|スポーツって気分
この記事へのコメント