ツアーデビュー戦で101の大叩きをした大津将史選手<男子ゴルフ>

大混戦の初日となったツアー開幕戦の東建ホームメイトカップで、主催者推薦でツアーデビューを果たした大津将史(42)が、30オーバーで事実上のツアーワーストスコア(正確にはツアー史上2番目)となる「101」をたたいた。

*もちろん最下位で、ブービーの選手とは23打差。
*2日目は持ち直して「83」。
*東建ホームメイトカップ|
東建多度カントリークラブ・名古屋(三重県) 17日~20日 par71 7190y

大津将史のスコアカード


- out -
Hole 1  2  3  4  5  6  7  8  9  out 
Par44354344435
Score85595655553

+4+4×

- in -
Hole101112131415161718 in 
Par44534435436
Score58747336548

+4×-

○:バーディ -:パー △:ボギー □:ダブルボギー ×:トリプルボギー

*1番がスタートホール
*パット数|17+16=33
大津将史スコアカード|JGTO

男子ツアー歴代ワーストスコアランキング(18H)


1位  鈴木規夫  122  87年東海クラシック
2位  大津将史  101  14年東建ホームメイトカップ
3位  高尾賢治  93  85年関東オープン
3位  丸山仁義  93  87年関西プロ選手権
5位  植松富久  92  86年静岡オープン
5位  吉村金八  92  90年三菱ギャラン

1位の鈴木規夫が記録した「122」は、アウトの合計スコア「42」を9番ホール(9番のスコアはパー)の欄に誤記入したことによるワースト記録なので、実質的には大津将史の「101」がワースト記録と言える。

大津将史のプロフィール


3人の娘に夢の舞台で戦う姿を見せたいという思いから、今大会に菅原文太の推薦で出場した大津将史のプロフィールを簡単に紹介。
  • 岐阜県可児市出身。
  • 15歳のとき美濃加茂高(岐阜県)でゴルフを始める。
  • 90年の日本ジュニア選手権に出場。
  • その後ゴルフからいったん離れ、起業し仕事に没頭。
  • 02年のファーストQT突破後にプロ宣言。
  • QT受験回数3回。
  • 本業は社長。
この記事へのコメント
  • 3年前まで藤田姓だった大津氏4年前に、仏像を盗み捕まり現在は、執行猶予中です。http://www.bouhancamera-navi.com/news/temple/1272.html
    このような方が大会に出れるのが不思議です。

    Posted by yama at 2014年07月12日