森勇人と小屋松知哉の両選手が前十字靭帯断裂の怪我2014

誕生日が3日違いの同級生で、ともに新人のMF森勇人(18)とFW小屋松知哉(18)の2選手が立て続けに全治6ヶ月の重傷で戦線離脱となりました。

森勇人の怪我


4月4日の練習中に右膝を負傷した森勇人は、病院で検査を受けた結果、「前十字靭帯断裂で全治6ヶ月」と診断された。今期はヤマザキナビスコカップの1試合に出場していた。

*名古屋グランパスU18/1995年4月21日生まれ

小屋松知哉の怪我


4月6日の広島戦で後半28分からの途中出場で、J1デビューを果たした小屋松知哉だったが、数分後に相手選手との競り合いの中(おそらく接触はなかった)で、左膝を負傷しその場にうずくまった。

担架で運ばれ退場した小屋松は、その後の検査で、森勇人と同様に「前十字靭帯断裂で全治6ヶ月」と診断された。

*京都橘高校/1995年4月24日生まれ/第91回全国高校サッカー選手権得点王

小屋松選手のけがについて|名古屋グランパス
森選手のけがについて|名古屋グランパス
この記事へのコメント