ソチオリンピックの報奨金アラカルト

熱戦が続いているソチオリンピック。日本でもメダル獲得者が続々と誕生していますが、選手たちが4年間頑張ってきたご褒美としてもらえる報奨金の額はいくらに設定されているのでしょうか。

金メダル報奨金の国別ランキング


1.  カザフスタン  2500万円
2.  ラトビア  1920万円
3.  イタリア  1910万円
4.  ウクライナ  1500万円
5.  ロシア  1130万円

  
  
7.  スロバキア  610万円
8.  韓国  560万円
9.  フィンランド  410万円
9.  オランダ  410万円

  
  
12.  日本  300万円
??.  アメリカ  250万円
16.  オーストリア  220万円
??.  カナダ  200万円

*1ドル=100円換算。
*カザフスタンはコーチにも同額の報奨金が与えられる。
*フィンランドは国技のアイスホッケーには820万円。
*日本は各競技団体がJOCと同額の報奨金を出すことが多い。
*オーストリアの220万円は金貨で贈られる。

報奨金なしの国


英国、ノルウェー、スウェーデン、クロアチアなど。

金メダリスト羽生結弦の報奨金


日本フィギュア男子史上初の金メダルを獲得した羽生結弦の報奨金は、
300万円(JOC)+300万円(日本スケート連盟)=600万円
となっている。ちなみに日本の場合は、上記の300万円の報奨金のいずれにも税金はかからない。

仮に、スピードスケートの長島圭一郎と加藤条治の2人が金メダルを獲得していたら、2600万円を獲得していた。おそらくこの額が、ソチ五輪日本代表が獲得できる最高額の報奨金。
スピードスケート+金メダル=報奨金2600万円<ソチ五輪>|スポーツって気分

メダリストへのご褒美アラカルト


  • ロシア南部のチェリャビンスク州に落ちた隕石を利用した隕石メダルが、隕石落下から1年後の2月15日に金メダルを獲得した選手に贈られる。
  • スピードスケート女子500メートルの金メダリスト李相花(イ・サンファ 韓国)は、報奨金約560万円とは別に毎月約10万円の年金がもらえる。
  • 銀メダリスト葛西紀明は、所属会社からたんまりの報奨金と、昇進をゲット。
  • ウクライナのメダル獲得者には、アパートが贈与される。
この記事へのコメント