男子ゴルフ賞金シード権2014

高知県で行われたカシオワールドオープンゴルフトーナメントが、松山英樹の優勝で幕を閉じ、賞金ランキング上位70名に与えられる2014年の賞金シード権獲得者が決定した。

今季ツアー優勝者のルーク・ドナルドとブレンダン・ジョーンズがランク70位以内に入っているが、2人は出場義務試合数に達していないため、賞金シード獲得者からは除外されるため、今年の賞金シードはランク72位までの選手が獲得した。

ちなみに来週の最終戦は、ランク上位者のみが出場するため、下位の選手がシード圏内に入ってくることはない。

*カシオワールドオープンゴルフトーナメント|
高知県・Kochi黒潮カントリークラブ 7316y par72 11月28~12月1日


JGTO賞金シード権70名(ランク72位まで)



継続54名

金亨成(2)  片山晋呉(3)  小田孔明(4)  谷原秀人(6)
宮里優作(7)  呉阿順(8)  池田勇太(9)  藤本佳則(10)
川村昌弘(11)  李京勲(13)  小林正則(14)  薗田峻輔(15)
山下和宏(16)  近藤共弘(17)  B・ケネディ(18)  S・K・ホ(19)
金庚泰(20)  塚田好宣(21)  松村道央(22)  P・マークセン(23)
藤田寛之(25)  平塚哲二(26)  上井邦浩(27)  丸山大輔(28)
I・J・ジャン(30)  武藤俊憲(32)  H・リー(35)  黄重坤(36)
J・パグンサン(37)  谷口徹(38)  高山忠洋(40)  矢野東(42)
岩田寛(43)  深堀圭一郎(44)  宮本勝昌(46)  D・スメイル(48)
梁津萬(50)  趙珉珪(51)  野仲茂(52)  K・バーンズ(53)
今野康晴(54)  S・コンラン(55)  上平栄道(56)  横尾要(57)
貞方章男(59)  金聖潤(60)  K・アフィバーンラト(62)  永野竜太郎(63)
石川遼(65)  J・チョイ(66)  白佳和(67)  金度勲(68)
手嶋多一(70)  久保谷健一(72)  
  


初獲得11名

松山英樹(1)  小平智(12)  D・オー(31)  河野祐輝(33)
崔虎星(34)  片岡大育(47)  S・ストレンジ(49)  塚田陽亮(58)
宋永漢(61)  李尚熹(69)  M・ヘンドリー(71)  


復帰5名

S・J・パク(5)  冨山聡(39)  星野英正(41)  河井博大(45)
井上信(64)  
  
  


喪失16名

B・ジョーンズ(29)  宮里聖志(76)  浅地洋佑(77)  朴銀信(78)
原口鉄也(81)  細川和彦(82)  H・W・リュー(86)  上田諭尉(88)
篠崎紀夫(95)  李丞鎬(100)  小山内護(102)  すし石垣(103)
兼本貴司(104)  小田龍一(107)  白潟英純(145)  ドンファン(出場なし)


*賞金シード継続選手の中では手嶋多一の18年連続が最長。
*賞金シードを喪失したH・W・リューと小田龍一はツアー優勝による複数年シードを保持している。
*B・ジョーンズは今季ツアー優勝をしているが、出場義務試合数の関係でシードを取れているのかよくわからない。
*ドンファンは今季、米ツアーを主戦場にしている。
*カッコ内の数字はカシオワールドオープンゴルフトーナメント終了時のランキングの順位。
追記|今季終了時点での順位に変更しました。

賞金ランキング(海外メジャー含む)2013|JGTO


カシオワールドオープンゴルフトーナメント後に入れ替わった選手


■ 圏外 → 圏内
75 → 70 久保谷健一
■ 圏内 → 圏外
72 → 73 張棟圭

*張棟圭は今季のチャレンジトーナメントで賞金ランク5位に入ったため、来季の前半戦の出場権を持っている。

賞金シードを逃した選手を一部ピックアップ


室田淳(85)  今田竜二(91)  横田真一(109)  鈴木亨(114)
伊藤誠道(131)  額賀辰徳(140)  飯田耕正(142)  丸山茂樹(150)
稲森佑貴(155)  諸藤将次(237)  
  

▼ 前年と翌年と同年の女子の記事
男子ゴルフ賞金シード権2013|スポーツって気分
男子ゴルフ賞金シード権2015|スポーツって気分
女子ゴルフ賞金シード権2014|スポーツって気分
この記事へのコメント