平成生まれ初のセ・リーグ新人王の野村祐輔投手

明治大学からドラフト1位でカープに入団した野村祐輔(広島 23歳)が、12年のセ・リーグ新人王(最優秀新人)に選出された。今季の成績は27試合、9勝11敗、防御率1.98で、規定投球回に到達し防御率1点台のセの同賞受賞は、66年に防御率1.39をマークした堀内恒夫(巨人OB 64歳)以来46年ぶり。広島からの同賞受賞は06年の梵英心(32)以来6年ぶりで、通算8人目(11/20)。

 *パ・リーグの新人王は益田直也投手(ロッテ 23歳)
  72試合 41ホールド 43ホールドポイント 防御率1.67
 *野村、益田ともにプロ1年目で、平成生まれ初の同賞受賞。
 *2人にはトロフィー、ペナント、賞金100万円が贈られる。
 *カープ歴代新人王受賞者|82年津田恒美、84年小早川毅彦、85年川端順
  86年長冨浩志、95年山内泰幸、97年澤崎俊和、06年梵英心

■ 新人王投票結果

▽ セ・リーグ
 ・野村祐輔(広島) 200
 ・田島慎二(中日) 40
 ・高木京介(巨人) 12
 ・堂林翔太(広島) 9

▽ パ・リーグ
 ・益田直也(ロッテ) 116
 ・武田翔太(ソフトバンク) 80
 ・釜田佳直(楽天) 5
 ・美馬学(楽天) 4
 ・川端崇義(オリックス) 4
 ・該当者なし 1

*プロ野球取材歴5年以上の記者による投票。
*投票総数|セ262 パ213、有効投票数|セ261 パ 210
この記事へのコメント