球団新記録となる24試合連続無失点を達成した今村猛投手

DeNA戦の10回、4-4の場面で6番手で登板した今村猛(広島 21歳)が、1番から始まる打線を3者凡退に抑え、球団新記録の24試合連続無失点を達成。以前の記録は08年梅津智弘(29)と10年横山竜士(36)が記録した23試合。セ・リーグ記録は藤川球児(阪神 32歳)の38試合。

 *最後に失点したのは5月20日の日本ハム戦の3失点。 
 *5月上旬4点台だった防御率が、1.70まで改善。
 *試合結果:広島 4-4 DeNA(規定により引き分け) 7月31日

でた!|今村猛オフィシャルブログ

追記|8月14日のヤクルト戦の8回に1失点し、連続無失点試合記録は29でストップ。
この記事へのコメント