香川真司選手が所属したFCみやぎバルセロナに2000万円のボーナス

マンチェスター・ユナイテッドの香川真司(23)が、12~16歳まで所属していた仙台市のFCみやぎバルセロナが、国際サッカー連盟(FIFA)が定める連帯貢献金2000万円(金額推定)を来年以降に受け取る予定。

■ 連帯貢献金とは

 ・優秀な選手が国際移籍をした場合に移籍金の5%を
  12歳から23歳まで所属したクラブに分配する制度。
 ・12~15歳まで所属したクラブには1年あたり移籍金の0.25%を、
  16~23歳までのクラブには0.5%を分配。
 ・移籍金15億円(金額推定)→5%7500万円→2500万円。
この記事へのコメント