伊東大貴選手が個人総合4位

複合に続きジャンプでも明るい話題。
ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子個人最終第26戦で、16位に入った伊東大貴(26)が、今シーズンを自己最高の個人総合4位で終える。伊東大貴は、今シーズンW杯初優勝を含め一気に4勝(表彰台9回)。総合優勝は、アンデシュ・バルダル(ノルウェー)が初めて獲得(3/18)。

■ 伊東大貴W杯今季4勝に関するメモ

 ・1勝目-第16戦札幌大会 1月28日
   *初優勝(日本人12人目の優勝)。
 ・2勝目-第17戦札幌大会 1月29日 
   *1999年の葛西紀明以来となるW杯連勝。
 ・3勝目-第22戦ラハティ大会(フィンランド) 3月4日
   *海外初優勝。
 ・4勝目-第23戦トロンヘイム大会(ノルウェー) 3月8日
   *2度目の連勝。

渡部暁斗選手が個人総合2位|スポーツって気分
この記事へのコメント