渡部暁斗選手が個人総合2位

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合で、個人最終戦(23戦)で7位に入った渡部暁斗(23)が、荻原健司(42)以来17季ぶりの日本人個人総合優勝を逃すも、自己最高の個人総合2位に入った。総合優勝は3連覇を果たしたジェーソン・ラミーシャプイ(フランス 25歳)(3/10)。

 *渡部暁斗は、今季第14戦のバルディフィエメ大会で初優勝し、
  後半戦だけで4勝をマーク。今季23戦中9度表彰台に上がった。

今シーズン終わり|AKITO WATABE
伊東大貴選手が個人総合4位|スポーツって気分
この記事へのコメント