AFC年間表彰式「AFCアワード」2011

たくさん取りました。
アジアサッカー連盟(AFC)の年間表彰式が、11月23日にマレーシア・クアラルンプールで行われた。日本は19部門中9部門で受賞。

■ 主な受賞一覧

 ・最優秀協会賞 - 日本サッカー協会

 ・最優秀男子代表チーム賞 - 日本
 ・最優秀女子代表チーム賞 - 日本

 ・最優秀男子選手賞 - MFセルベル・ジェパロフ(ウズベキスタン 29歳)
 ・最優秀女子選手賞 - MF宮間あや(岡山湯郷 26歳)

 ・最優秀男子ユース選手賞 - 石毛秀樹(清水ユース 17歳)
 ・最優秀女子ユース選手賞 - Caitlin Foord

 ・最優秀男子コーチ賞 - 佐々木則夫監督(53)
 ・最優秀女子コーチ賞 -
  手塚貴子コーチ(U-19、U-16日本女子代表コーチ 41歳)

 ・最優秀男子レフェリー賞 - Ravshan Irmatov
 ・最優秀女子レフェリー賞 - 山岸佐知子(38)

 ・最優秀クラブ賞 - アル・サッド(カタール)
 ・最優秀フットサルクラブ賞 - 名古屋オーシャンズ

 *最優秀男子選手賞にノミネートされていた本田圭佑と香川真司は、
  授賞式に出席できない選手は選出されない(AFC規定)ため、受賞を逃す。
 *日本選手の最優秀女子選手賞の受賞は、
  澤穂希(2004年、2008年)、原菜摘子(2005年)に次いで3人目。
 *日本選手の最優秀男子ユース選手賞は、
  小野伸二(1998年)、前田遼一(2000年)、大久保嘉人(2003年)
  に次いで4人目。
  女子では、岩渕真奈(2008年、2009年)が2年連続で受賞している。

日本の受賞ラッシュって感じ。

でも、授賞式に出ないと受賞できないって言うのもどうかなと思った。

そういう規定作らないと誰も出席しなかったりするのかな。
この記事へのコメント