松山英樹選手 史上3人目のアマチュアでのツアー優勝

三井住友VISA太平洋マスターズで、アマチュアの松山英樹(19)が、最終日68で回り、通算13アンダーでツアー初優勝を飾る。アマチュアのツアー優勝は、倉本昌弘(1980年)、石川遼(2007年)に次ぐ史上3人目の快挙(11/13)。

 *静岡県・太平洋クラブ御殿場コース 7246y par72
 *19歳8ヶ月17日での優勝は、史上3番目の年少初優勝記録。
 *10代でのツアー優勝は、石川遼(15歳8ヶ月)、
  黄重坤(19歳1ヶ月 ハンジュンゴン 韓国)、松山英樹(19歳8ヶ月)の3人。
 *優勝賞金3000万円は2位の谷口徹が獲得。

■ 最終順位

優勝 -13 松山英樹
2位 -11 谷口徹
3位 -10 小田孔明
3位 -10 谷昭範
3位 -10 鈴木亨
3位 -10 チャール・シュワーツェル
3位 -10 ベ・サンムン
8位 -9 山下和宏
8位 -9 石川遼

松山選手って、大舞台とか、ここぞって大会で、

しっかり結果を出せる選手だなぁ~っと、つくづく思う。

石川・松山両選手による海外メジャーでの優勝争いが、

いつか見れる日も来るかもしれない。
この記事へのコメント