広島東洋カープ 戦力外通告2011

もっと長くやりたかった。
戦力外を通告された広島東洋カープの5選手(10/13)。

日本人選手


・菊地原毅投手(36歳)
・林昌樹投手(31歳)
・宮崎充登投手(33歳)
・川口盛外投手(26歳)
・松田翔太投手(21歳) *育成選手

*菊地原とは、来季、育成選手として再契約する予定。
*林と宮崎は、今後の進路は未定。
*川口は、球団に残る方針。
*松田は、現役続行を希望。

外国人選手


▽チャッド・トレーシー内野手ついては、すでに来季戦力外とされ、自由契約選手としてコミッショナー公示されている(9/26)。

▽ディオーニ・ソリアーノ投手(28)が、戦力外を通告される(10/22)。

▽ウィルフィレーセル・ゲレロ投手(25)が、育成選手契約を解除される(11/1)。

▽ジオ・アルバラード投手(33)とマイク・シュルツ投手(31)が戦力外。
 *カープの公式サイトには載ってなかったですけど、ニュースで報じられていました。

▼ 翌年の記事
戦力外通告2012/広島東洋カープ|スポーツって気分

今年は、5人が戦力外か。

個人的には、林選手はまだやれそうな気がするかな。

川口選手は、1回も1軍で投げてるとこ見れなくて、残念。

あとは来季、菊地原選手に、大怪我からの大復活を遂げてほしいですね。
この記事へのコメント